Amazon.co.jpの「全商品送料無料」が終了して2000円未満は送料350円へ

Amazon.co.jpの「全商品送料無料」が終了して2000円未満は送料350円へAmazonといえば、どんなに安い物でも送料無料で自宅まで配送してくれる、ネット通販の救世主の様なサービスでした。「送料無料」というのを強みに、街の個人商店やスーパーをどんどん潰して巨大化していきましたが本日嬉しくない改定が行われました。

Amazon.co.jpが4月6日から送料を改定して、2,000円未満の注文の場合は配送料が350円かかるようになり、2,000円以上の場合のみ送料無料になりました。

元々、1,500円以上送料無料だったAmazonですが送料無料になったのはそもそも期間限定のキャンペーンでした。今ではそれが当たり前になっていましたが、そのキャンペーンが終了したわけです。

こちらの記事もオススメです!

Amazonプライム会員と書籍・Amazonギフト券は送料無料

一般会員は送料が有料になってしまいましたが、プライム会員は引き続き送料無料でAmazonを利用できます。また、書籍やAmazonギフト券は一般会員でも送料無料の対象のままです。元々本屋のAmazonだから書籍は無料なのかな?

毎日引けるクーポンガチャ
無料で読める本が豊富

「正義」の意味を問う問題作

スペシャル会員登録

今なら当サイトから無料会員登録で

すぐに使用可能な50%オフクーポンプレゼント

スマホを大手キャリアの半額以下に
月額費用が高いと感じる方にオススメ

月額190円から維持可能な格安SIM

b-mobile オンラインショップ

解約金も最低利用期間もなし

ドコモ・ソフバンのネットワーク選択可能

時代はYodobashi.comへ

Amazonはそこそこ安くて送料無料が最大の強みでしたが、それも送料改定で変わってしまいました。おそらく、送料無料に魅力を感じているユーザが多いと思うので、この改定でユーザが他のサービスへ流出してしまう事が懸念されます。

そこで、我らのYodobashi.com(ヨドバシドットコム)!

時代は、ヨドバシへと進んでいきます。Amazonの次はヨドバシです!ヨドバシでは現在でも送料は全品無料です。Amazonが有料になった今、ヨドバシが日本のネット通販界で最強の存在になることは間違いありません。間違いなくヨドバシが強くなる事でしょう。

今後Amazonはどのような対応をしていくのか。また、これをチャンスだと考える他のECサイトはどんなキャンペーンを打ち出してくるのか非常に楽しみです。特にヨドバシがどのような対抗策をとってくるのか期待しています!期待しているよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京・イタリア街でインスタ映え狙い公道を占拠し封鎖する男女が登場!宮崎文夫とガラケー女を彷彿とさせる

2022年8月7日 20時頃、 …

公式が次回作「GTA6」に言及!GTA5の販売本数もついに1.7億本突破と報告

Take-Two Intera …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.