Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / R32 スカイライン GT-R NISMO(BNR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

R32 スカイライン GT-R NISMO(BNR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

R32 スカイライン GT-R NISMO(BNR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにR32 スカイラインGT-R(BNR32)の500台限定生産モデル「NISMO」が展示してあったので撮影してきました。

BNR32といえば、絶対的な強さでレースデビューを飾った8台目スカイラインです。このR32 GT-R NISMOは市販モデルに更に濃くグループAレーシングカーの要素が練り込まれたモデルです。実車をみたのは初めてでしたが、とても雰囲気のある車でした。

何故か、日産の保存車のはずなのにリップは削れていたり、飛び石の跡があったりと本気で走った跡がみられました。誰かが遊んだのか、テストしたのか謎はです。(オレも乗りたい…)


スポンサーリンク

スカイライン GT-R ニスモの概要

スカイライン GT-R ニスモ

8代目スカイラインのR32型は1989年(平成元年)5月に発売され、その3か月後の8月には、16年ぶりの復活となった「GT-R」が登場し、大きな話題を呼びました。そして、レースデビューを控えた1990年2月には、グループAレーシングカーの要素がより濃く織り込まれた「GT-R NISMO」が500台限定で発売されました。
ターボチャージャーはメンテナンス性向上のためタービンをメタル製に変更、空力性能向上のためフードトップモールやリヤに小型スポイラーを追加、冷却性能向上のためフロントバンパーにエアインテークを追加するいっぽう、リアワイパー・ABS・オートエアコン・オーディオ等の装備は軽量化のため省かれています。
グループA規定内で戦闘力の最大化を図ったGT-R NISMOは、グループAマシンのベース車両としてツーリングカーレースで大活躍し、1990年(平成2年)~1993年(平成5年)全日本ツーリングカー選手権(JTC)では4シーズン29戦無敗という偉業を達成。海外でも、バサースト1000やスパ24時間での総合優勝などの戦績を残しています。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

日産 R34 GT-R(BNR34)にオレが一目惚れした所から付き合った所まで

初めてGT-Rに出会ったのはR …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.