日本人の実質手取りが24年間でヤバいことになってた!原因は保険料や税金引き上げなど経済政策ミスか

2020年までの24年間で日本人の年収や手取りはいったいどのように変化したのか、国税庁が公開している「民間給与実態統計調査」を元に分析した結果、日本人の実質手取り収入は平均で年84万円減という数字がでたと話題になっています。

最も年収が高かったのは1997年で平均年収は467.3万円で、2020年は433.1万円と34.2万円ダウンしています。

また、社会保険料や住民税が上がった分の約28万円を差し引くと手取りでは約62万円も下がっています。

さらに消費税率が5%から10%に引き上げられ、実際に使える金額は約75万円減る計算で、そこに物価高を加味すると1997年に比べて計約84万円も実質手取りが減っていることになるようです。

日本人の生活が豊かになるどころか悪化している現状は、ほとんど経済政策のミスだと話題になっています。

これは酷い。給料は下がってるのに税金や保険料上げてたら豊にはならないわ。

こちらの記事もオススメです!

「実質手取りは24年前より年84万円減」給与減&天引き増の衝撃データ

国税庁が毎年公開しているこのデータをふり返ると、年収が一番高かったのは1997年であることがわかる。そこで2020年までの24年間の変化を分析した。

結論から言ってしまえば、私たち日本人の“実質手取り収入”は平均で年84万円減という驚くべき数字が出たのだ。

後ほど詳しく解説するが、1997年の平均年収は467万3000円だった。2020年は433万1000円で34万2000円ダウンした(いずれも「非正規含む勤労者」)。これだけでも十分衝撃だが、それだけではない。

社会保険料(健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険など)や住民税が上がったため、その分(約28万円)を差し引くと手取りベースで計62万円も下がったことになる。

さらに追い打ちをかけたのが消費税率の引き上げだ。税率は5%から10%に引き上げられたので(2019年10月)、この分も差し引くと、実際に使えるお金は計75万円も減る計算に。

加えて物価高も加味すると、冒頭で述べた通り、1997年時点に比べ計84万円も落ちた、というわけである。

政府は、社会保険料、住民税、消費税などを引き上げて、民間からお金をむしり取ることばかりに熱心である。これでは市中にお金が回らなくなったのも当然だろう。

参考:news.yahoo.co.jp
Yahoo!プレミアム会員特典
最大50%OFFクーポンなど大量

オンラインクレーンゲーム無料券が週1配布

Yahoo! プレミアム特典詳細

獲得した景品はご自宅まで配送無料

雑誌も110誌以上読み放題

スマホを大手キャリアの半額以下に
月額費用が高いと感じる方にオススメ

月額190円から維持可能な格安SIM

b-mobile オンラインショップ

解約金も最低利用期間もなし

ドコモ・ソフバンのネットワーク選択可能

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

【訃報】タレントの渡辺徹さんが敗血症のため61歳で死去

2022年11月28日、タレン …

「新語・流行語大賞2022」年間大賞は「村神様」に決定!Twitter上では誰も知らなすぎて「けつあな確定」トレンド入り

2022年の「新語・流行語大賞 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.