日産の新型GT-Rが中古車サイトに登場!新車価格1.4億円で販売価格はいくらになるのか

日産がGT-Rの誕生50周年とイタルデザインの創業50周年を記念して、「R35 GT-R NISMO」をベースに50台限定で生産された「Nissan GT-R50 by Italdesign」が中古車サイトに登場し話題になっています。

新車の車両価格は99万ユーロ(約1.37億円)と高額なモデルとして登場しましたが、今回登場した中古車は走行距離わずか148kmで、なんと新車未登録車両のため新車より高くなる可能性が濃厚です。

サイト上での価格は応談になっているため販売価格は不明です。

最近では新車より中古車が高いという現象も発生しているため、この車両もかなり高額になりそうです。

止まってる実車は見たことあるけど、コンセプトカーみたいだよね。

こちらの記事もオススメです!

中古車サイトに登場した新型GT-R

参考:carsensor.net

Nissan GT-R50 by Italdesign

最新のGT-R NISMOをベースに、欧州スタイルの感性でつくりあげられた「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、力強さにイタリアならではのクラフトマンシップとテイラーメイドが組み合わされています。そのデザインは、ベース車を最大120PSも上回る特別なパワートレインとアップグレードしたシャシーやドライブトレインが実現する高性能に裏打ちされています。
本プロトタイプの開発、設計、製造はイタルデザインが、そして独創的でキレのよい外装・内装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカが担当しました。
ボンネット上に鎮座するパワーバルジ、シャープなLEDヘッドライト、低いルーフラインやフロントフェンダーの特徴的なエアアウトレットの「サムライブレード」などがその存在感を際立たせ、大きな可変式リアウイングが、全体の印象を引き締めています。「リキッドキネティックグレイ」塗装仕上げのエクステリアカラーリングは、50周年記念として「エナジェティックシグマゴールド」がアクセントになっています。インテリアはモダンで高性能な系譜を受け継ぎ、センターコンソール・インストパネル・ドアの内張りには2種類の異なるカーボンファイバーが、シート素材には黒のアルカンターラと、同じく黒のイタリア製レザーが採用されています。さらに、エクステリアにあわせてコックピットにはゴールドのアクセントが散りばめられています。

参考:nissan-global.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

名古屋で外国人運転手が飲酒・信号無視で乗用車に突撃する事故「外人の飲酒運転許さん」

愛知県名古屋市の交差点で、コン …

首都高・大黒PAでイキリダッシュのチェイサーが壁に刺さる事故!ダサすぎると話題に

首都高・大黒PAで、イキリダッ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.