本日から飲食料品値上げ6442品の値上げ開始!10月中はさらに消費やサービスの値上げ予定や雇用保険値上げ

2022年10月1日から、円安や原価高騰などを背景に6442品目の飲食品が値上げしました。近年に無い桁違いの多さで、昨年から続く複数回の値上げに国民の多くに影響を与えています。

さらに10月には1日以降も値上げ予定が多く控えていて、日用品、家電、公共料金と広範囲に及び値上げとなります。

10月からは新型コロナウイルスの影響で従業員を休業させたときや休業したときの手当を支払う場合に給付される「雇用調整助成金」で21年12月時点までに5兆円を超える支給が決定するなどして、財政悪化してしまったため、雇用保険料の引き上げが行われます。

雇用保険料の引き上げは今後もさらに増加していく可能性があり、家計や企業への影響が心配されています。

物価などは今後も値上がりを続けそうですが、企業は値上げしても収益が増えるわけでは無く増加したコストと相殺されてしまうため、日本人の賃金に値上げした分のアップは見込めないため、今後政府が国民の負担分をどのように緩和するのか新たな対策が求められています。

値上げはしょうがないけど、賃金上がらないのはヤバすぎる…
月10万ぐらい国民に配布すれば少しは改善されそうだからBI導入はよ!

こちらの記事もオススメです!

飲料・食品値上げ6442品 10月1日にピーク

原材料価格の高騰や急激な円安進行を背景に、1日からさまざまな商品、サービスの価格が上がる。

飲料・食品は同日だけで6442品目と、近年にない桁違いの多さ。対象は外食や日用品、家電、公共料金と広範囲に及び、昨年から続く値上げで疲弊する家計はさらに追い詰められそうだ。

飲料・食品の値上げは、帝国データバンクが主要105社を対象に集計し、1日に公表した。10月の1カ月間では6699品目に上り、担当者は「バブル崩壊以降ではあまり見たことのない規模だ」と指摘。今年1年間では2万品目を超え、1世帯平均の負担増が月額5730円に達すると見込む。

参考:news.yahoo.co.jp
テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

【訃報】タレントの渡辺徹さんが敗血症のため61歳で死去

2022年11月28日、タレン …

「新語・流行語大賞2022」年間大賞は「村神様」に決定!Twitter上では誰も知らなすぎて「けつあな確定」トレンド入り

2022年の「新語・流行語大賞 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.