Home / ニュース / 時事ネタ / 260km/hまで追いかけてくる!警視庁の公道最速覆面パトカー「マークX+Mスーパーチャージャー」

260km/hまで追いかけてくる!警視庁の公道最速覆面パトカー「マークX+Mスーパーチャージャー」

260km/hまで追いかけてくる!警視庁の公道最速覆面パトカー「マークX +Mスーパーチャージャー」日本の警察もついに速度リミッターの解除をするようになったのでしょうか?日本の警察は180km/h以上の車は追いかけないと「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の劇中で言われていた影響で、多くの人が180km/h以上の速度は出ず、リミッターがかかっているという認識のようですが、確かに日本の警察車両は市販車を使用しているのでリミッターがかかっています。

今回は昨年夏に導入された、日本の警察史上最速の覆面パトカー「マークX + Mスーパーチャージャー」に関する記事を紹介したいと思います。

この車両はトムスが開発したスーパーチャージャーを装備し、ECUも専用に最適化された物を装備しています。馬力は360馬力でトルクは50.7kgmとなっているようです。

確かに、このパワーと車重1500Kg代なら260km/hぐらい出そうですが、180km/hのリミッターはどこ行っちゃったんだ。交換されたECUでリミッター解除されてるのかな?

リミッターに関する疑問は残りますが、さらに疑問なのは「260km/hまで追いかけてくる」という事実のソースがTwitterと言うこと。

結構検索したけど、そんな発言している人いなかったんだよね…

ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本気仕様マークX」

「260kmまでついてこられた」なんてツイートされるほど速い、速すぎる交通覆面パトカーが東京に登場した!

ベースとなるのは、3.5リッターV6エンジンを搭載したスポーツグレードの350S。外観はトヨタモデリスタのエアロパーツで武装。車名の「M」はモデリスタの頭文字だが、本気仕様の意味も込められるメーカー完成車だ。

警視庁マークXスーチャーはここにいます!

●高速道路交通警察隊新富分駐所
ナンバー:足立302ち7529、足立302ち7530
ボディカラー:ホワイトパール、クリスタルシャイン
取り締まり路線:首都高全線。特に湾岸線、9号深川線、都心環状線、11号台場線
参考:nikkan-spa.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。

その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。

バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

グランツーリスモSPORT 無料アップデートでR32・R34・FD3S等の人気車両追加!

グランツーリスモシリーズ最新作 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.