ホーム / ニュース / 事件・事故 / 運転中にポケモンGOをプレイしていて死亡事故を起こした被告の実刑確定へ

運転中にポケモンGOをプレイしていて死亡事故を起こした被告の実刑確定へ

運転中にポケモンGOをプレイしていて死亡事故を起こした被告の実刑確定へポケモンGOが2016年7月に日本でリリースされて、日本だけではなく世界中がポケモンGOブームに乗っかっていた頃の事故です。

2016年8月11日に愛知県春日井市で会社員の男(当時26歳)が運転する軽自動車に、女性(29)がはねられて死亡した事件で、男性はポケモンGOをするためにスマートフォンに気を取られて女性をはねて死亡させた罪に問われた裁判で、最高裁判所は禁固2年6ヶ月の実刑判決を出し、実刑が確定しました。

ポケモンGOだろうが、LINEだろうがソフトは関係なく、運転中に端末操作を行うことは大変危険なので絶対にやめましょう。

運転中「ポケモンGO」で死亡事故 被告の実刑確定へ

おととし8月、愛知県春日井市藤山台で、横断歩道を渡っていたベトナム人の当時29歳の女性が車にはねられ死亡しました。

車を運転していた岐阜県土岐市の会社員、奥山裕輔被告(28)はゲームアプリ、ポケモンGOをするためスマートフォンの操作に気を取られて女性をはねたとして過失運転致死の罪に問われました。

被告側が執行猶予の付いた判決を求めたのに対して、1審の名古屋地方裁判所と2審の名古屋高等裁判所は、「運転よりもスマートフォンに注意が向いて起きた事故で、単純な過失とは一線を画すものだ」として、禁錮2年6か月の実刑判決を言い渡しました。

これに対して被告側が上告していましたが、最高裁判所第1小法廷の木澤克之裁判長は27日までに上告を退ける決定を出し、実刑判決が確定することになりました。
参考:www3.nhk.or.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ラノベ「涼宮ハルヒ」シリーズが約5年ぶりに復活! ついにハルヒに会える

会いたくて会いたくて震えてた。 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.