運転中にポケモンGOをプレイしていて死亡事故を起こした被告の実刑確定へ

運転中にポケモンGOをプレイしていて死亡事故を起こした被告の実刑確定へポケモンGOが2016年7月に日本でリリースされて、日本だけではなく世界中がポケモンGOブームに乗っかっていた頃の事故です。

2016年8月11日に愛知県春日井市で会社員の男(当時26歳)が運転する軽自動車に、女性(29)がはねられて死亡した事件で、男性はポケモンGOをするためにスマートフォンに気を取られて女性をはねて死亡させた罪に問われた裁判で、最高裁判所は禁固2年6ヶ月の実刑判決を出し、実刑が確定しました。

ポケモンGOだろうが、LINEだろうがソフトは関係なく、運転中に端末操作を行うことは大変危険なので絶対にやめましょう。

こちらの記事もオススメです!

運転中「ポケモンGO」で死亡事故 被告の実刑確定へ

おととし8月、愛知県春日井市藤山台で、横断歩道を渡っていたベトナム人の当時29歳の女性が車にはねられ死亡しました。

車を運転していた岐阜県土岐市の会社員、奥山裕輔被告(28)はゲームアプリ、ポケモンGOをするためスマートフォンの操作に気を取られて女性をはねたとして過失運転致死の罪に問われました。

被告側が執行猶予の付いた判決を求めたのに対して、1審の名古屋地方裁判所と2審の名古屋高等裁判所は、「運転よりもスマートフォンに注意が向いて起きた事故で、単純な過失とは一線を画すものだ」として、禁錮2年6か月の実刑判決を言い渡しました。

これに対して被告側が上告していましたが、最高裁判所第1小法廷の木澤克之裁判長は27日までに上告を退ける決定を出し、実刑判決が確定することになりました。
参考:www3.nhk.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

「ジョーカー」こと「無敵の人」の調査で絶望的な事実が発覚!法務省「友好関係ほぼなし64%、無職75%、収入なし60%」

法務省が発表している「無差別殺 …

首都圏の1都3県「まん延防止」を要請へ!政府は1都9県に適用検討「行動制限を行う」

2022年1月17日、新型コロ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.