札幌の爆発事故で不動産屋の初期費用「抗菌殺菌代」は店員がスプレーするだけと判明し不満続出

札幌の爆発事故で不動産屋の初期費用「抗菌殺菌代」は店員がスプレーするだけと判明し不満続出2018年12月16日に、札幌市豊平区平岸にある不動産屋「アパマンショップ平岸駅前店」の関係者が100本以上のスプレー缶のガス抜きをしており、放出されたガスに給湯器の火がついたとみられる爆発事故が発生しました。

この事故についてAPAMANが公式サイトで本日謝罪をし「消臭スプレー缶約120本の廃棄処理後、湯沸かし器を点けたところ爆発が起きた」と説明しました。

この事故により不動産屋で初期費用に約2万円以上の費用で消臭代として上乗せしている内容が、実際には不動産屋の店員がスプレー噴射するだけだということが判明してしまいました。

さらに、別店舗の元従業員は「料金頂いて『抗菌やりますよ』って言っているけど、後々気が付いて忘れていたことは結構ある」と語り、使用したスプレー缶は本部に返却していたため、使い忘れていたスプレー缶を使い切ったことにするために、屋内でまいていたのではないかと推測する。

ネットでは初期費用として高額な費用を上乗せしていながら、実際には店員がスプレーを噴射するだけか、忘れてスプレー噴射すらしていなかった可能性があることに対して、不満が続出しています。

今回アパマンショップで使用されていた消臭スプレーは「ヘヤシュ」というスプレーの可能性が高く、使用方法は部屋に置きバルサンのように焚くようです。

こちらの記事もどうぞ

アパマンショップが紹介している「ヘヤシュ」

「客に1万5000円支払わせて…」アパマンの消臭・抗菌代に不満続出

スプレーは約120本もあったというが、なぜそんなに溜まっていたのだろうか。『報道ステーション』(テレビ朝日)では12月17日、スプレーを使ったことがあるという別の店舗の元従業員を直撃。その男性は、こう話していた。

「お店が繁忙期とか忙しいときにお客さんから料金頂いて『抗菌やりますよ』って言っているけど、後々気が付いて忘れていたことは結構ある(中略)売り上げには抗菌スプレーを使ったことにはなっていて、それが丸々1本残るのはおかしいことなので、どこかで使い切らないといけない」

使用して空になったスプレーは、本部に返却していたという。使い忘れていた大量のスプレーを使ったことにするために、屋内に巻いていたのではないかという見立てだ。

同社が抗菌代を初期費用に上乗せしながら、実際にはスプレーを噴射するだけか、もしくはそれすらしていなかった可能性があることに対し、ネットでは「消臭ってただのスプレーかよ」「客に1万5000円支払わせて実際は店員がスプレーするだけだったらしいね」と不満を抱いた人も多かった。
参考:news.livedoor.com

【第2類医薬品】バルサンプロEX12~16畳用 40g

【第2類医薬品】バルサンプロEX12~16畳用 40g

920円(08/04 20:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

千葉県の3coinsで中年男性が店員を大声で恫喝!袋有料化でテープを貼られた事に怒鳴る

千葉県・市川駅にある300円シ …

WHOが新型コロナに新たな見解「特効薬が今後もできない可能性」

2020年8月3日、WHO(世 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.