What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / 札幌の爆発事故 アパマンショップ店長が信じられないほどバカすぎる方法でスプレーを焚いてた事が判明

札幌の爆発事故 アパマンショップ店長が信じられないほどバカすぎる方法でスプレーを焚いてた事が判明

札幌の爆発事故 アパマンショップ店員が信じられないほどバカすぎる方法でスプレーを焚いてた事が判明2018年12月16日に、札幌市豊平区平岸にある不動産屋「アパマンショップ平岸駅前店」の関係者が100本以上のスプレー缶のガス抜きをしており、放出されたガスに給湯器の火がついたとみられる爆発事故が発生しました。

アパマンショップの営業部長の証言によって、実はとんでもない方法でスプレー缶を使用していたことが明らかになったようです。

爆発事故が起きる前の店舗内では窓を閉め切った状態で、120本の消臭スプレー缶を机の上で一斉に焚いて噴射しており、部屋の中が真っ白な状態になっていたとの事です。

あまりに常識を逸脱していて、実は会社への恨みや怒りで故意的に爆発事故を起こしたのではないかと思いたくなるほどの使用方法です。

取材によって明らかになった店舗内の状況


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

NHKが一線を越える詐欺行為を犯す!管理会社を偽り不法侵入を行い注意喚起される

以前から強引に契約を迫るなど、 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.