トランプ大統領が国家非常事態宣言を発令!中国軍関連企業への投資を禁止し敵国認定か

2020年11月12日に、アメリカのトランプ大統領が国家安全保障に深刻な影響をもたらすとして、アメリカの投資家による中国軍事関連企業への投資を禁止する大統領令に署名しました。

中国軍事関連企業は国防総省が指定した企業が主な対象となっていて、ファーウェイ(華為技術)、チャイナモバイル、ハイクビジョンなどの31社となっています。

今回の大統領令では、投資家の株式の直接保有だけではなく、ファンドを通じた間接投資も原則禁止とされていて、施行は2021年1月11日になります。

トランプ大統領は「国際緊急経済権限法」に基づき、国家非常事態を宣言「中国は軍民融合戦略の下、軍事や諜報活動を進めるために米国の資本を利用している」と非難しました。

こちらの記事もどうぞ

米、中国軍関連企業へ投資禁止

トランプ米大統領は12日、国家安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れがあるとして、米国の投資家による中国軍関連企業への投資を禁止する大統領令に署名した。来年1月11日に施行する。国防総省が指定した企業が主な対象となり、通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)を含めて現在31社に上る。

トランプ氏は、安保の重大なリスクへの対抗措置を定めた「国際緊急経済権限法」に基づき、国家非常事態を宣言した。「中国は軍民融合戦略の下、軍事や諜報(ちょうほう)活動を進めるために米国の資本を利用している」と非難した。
参考:jiji.com

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京五輪は外国客を大規模受け入れ!2週間待機免除で移動・交通機関の制限はなくアプリで感染対策

2021年夏に開催が予定されて …

水素水に続きまさかの「水素マスク」が登場!ヒアルロン酸も塗布で全てを解決か

アンチエイジングなど、美容や健 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.