国民が生活苦でも「消費税15%」「道路利用税」新設など8項目を岸田政権が続々と増税内定へ

新型コロナウイルスやロシアの侵略戦争、円安など様々な要因で日本の物価は急上昇しています。

日本では物価高の影響で食費、水道光熱費、交通費などが高騰していて、家計への影響を8割が実感していたり、生活費を補うために子供の習い事を削ったり、止めたりしている家庭が既に4割にのぼっています。

国民が生活に苦しんでいる中、岸田政権では既に「消費税15%増税」や新たに新設される「道路利用税(走行距離課税)」などの増税や、「退職所得控除」「配偶者控除」の廃止、保険料値上げなどが続々と内定されていると話題になっています。

現在報道されている増税内定項目は「消費税(5%増税)」「道路利用税(新設)」「炭素税(新設)」「相続税(実質増税)」「エコカー減税(実質増税)」「退職所得控除(実質増税)」「配偶者控除(実質増税)」「たばこ税(増税)」と計8項目がいずれも最速で2025年までに実施されると予想されています。

世帯主が50~54歳で月額給与約55万円の場合、消費税増税と配偶者控除廃止の2つで年間325,076円負担増と計算されています。

物価高騰の主要因が円安や原料高騰など外的要因のため、日本人の給与は上がるどころか下がっているという声もあります。

生活コストが急上昇しているため、岸田政権には減税して生活の安定を守って欲しいところですが、トドメを刺すかのように増税する可能性が高そうです。

増税無しで財政が健全化できないのはわかるが、支出下げてクオリティ下げて国民の生活実態に合わせた国家経営にしないともう無理だろ。

こちらの記事もオススメです!

消費税は15%に、道路利用税を新設 岸田政権が狙う「大増税」

「消費税が未来永劫10%のままでは、日本の財政はもたない」

そんな意見が、10月26日に開催された「政府税制調査会」で相次いだのだ。政府税制調査会とは、内閣総理大臣の諮問に応じて、税の制度に関して調査・審議する内閣府の附属機関のこと。委員である識者たちから出された意見を基に議論が行われ、税制改正大綱が作成される。今後の税制改革に大きな影響を与える組織なのだ。

本誌はこの税制調査会での議論を基に、岸田政権が狙う今後の増税の見通しを予測。すると、消費税などの増税だけでなく、退職金や配偶者控除の廃止などといった“実質増税”の全貌が明らかになってきた(表参照)。

「岸田さんは財務省寄りの人間。財務省としても岸田さんが首相のうちに、なにがなんでも増税の道筋を付けておきたいともくろんでいます。なかでも、増税の一丁目一番地は消費税。自民党と癒着した業界の反発を受ける法人税増税などに比べ、消費税の増税は庶民さえ犠牲にすればよく、かつ大きな税収を見込めるんです」

参考:news.yahoo.co.jp
電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質1円 or モバイルWi-Fi実質0円

生活費の高騰による家計への影響「8割」が実感

松井証券株式会社は2022年7月5日、全国の20~60代の男女・合計600名を対象にした<家計管理に関する実態調査>の結果を公表しました。それによると、生活費の高騰によって家計への影響を感じている人が約8割もいることがわかりました。

参考:news.yahoo.co.jp

物価高で4割の家庭「子供の習いごとを削ったり、やめたりした」

物価上昇で生活費が増えたため、子供の習いごとを減らしたり、やめたりしたと答えた人がおよそ4割にのぼりました。

住友生命が、20代から60代のおよそ5000人に実施したアンケートによりますと、物価上昇の影響で生活費が前の年より「増えた」とこたえた人は88%に上り、月の平均では1万4800円負担が増えたということです。

一方で、年収は「変わらない」か「減る」と答えた人はおよそ7割で、物価上昇に賃金の上昇が伴っていないことがうかがえるとしています。

参考:news.yahoo.co.jp

ネット上の反応

最高にふざけた総理
さすが財務省あがりの親中派ですね

聞く力って財務省の意見ばかりを聞く力ではないですよね?

先進国ではなくなった今、報酬だけ国の上位にランクインしたままなのはおかしいのでは?と感じています。

仮に本当に消費税15%なんてやったら経済は逆に破綻する

増税、新税の前に宗教法人に課税すべきである
高級車や銀座で豪遊できる団体もある

まずは議員数を含めて無駄遣いを減らすことからだろう

岸田には先を考える想像力がない

取りやすい所から取るのが税金の本来の目的ではないでしょう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

【訃報】タレントの渡辺徹さんが敗血症のため61歳で死去

2022年11月28日、タレン …

「新語・流行語大賞2022」年間大賞は「村神様」に決定!Twitter上では誰も知らなすぎて「けつあな確定」トレンド入り

2022年の「新語・流行語大賞 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.