盗難されたシルビア(S15)が海外オークションに出品されてしまう!バラバラにされ愛車が悲惨な姿に

昨年自動車の盗難被害にあったTwitterユーザが、世界最大級のオークションサイト「eBay」上に、自分の愛車が掲載され売りに出されているとツイートし話題になっています。

eBay上にはバラバラにされた悲惨な状態で、フロント、シート、足回りと部位毎に分けられて出品されていました。

現在は出品ページが取り消されていますが、該当ページのキャッシュを見ると「取引不可能な商品」と表示されているため、通報を受けてeBayの運営が取引制限を課した可能性が高そうです。

2020年にも盗難車が千葉県にあるヤードで解体され、輸出されたものが販売されていると話題になった「J-Spec Auto Sports事件」がありましたが、今回も日本から不正に輸出されたものが販売されているようです。

日本では特に90年代国産スポーツカーの自動車盗難被害が深刻な状況になっていて、なんとか現状を変えようと有志団体が、自動車盗難の厳罰化などの対応を国に要望するなど活動してくれています。

しかし残念なことに、現時点で自動車盗難の厳罰化やヤード規制の立法化の見通しはありません。

これだけ被害が多発していて甚大な被害金額なのに、どうして対策が進まないんだろうか…

こちらの記事もオススメです!

盗難被害にあった愛車が販売されていると報告するツイート

2020年に発生した日本の盗難車が不正輸出されていた事件

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

東名高速を走行中にトラックからハシゴが飛んでくる「マジで殺人未遂!死ぬかと思った」

東名高速道路を走行中に、トラッ …

首都高・大黒PAにドリフト暴走する車が出現!また2003年に逆行し社会問題化か

横浜市にある、首都高速道路の大 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.