Home / 乗り物 / 自動車 / 【TMS2017】スバルとSTI共同開発のBRZ最上級グレード「STI Sport」登場!足回りと内装が特別仕様

【TMS2017】スバルとSTI共同開発のBRZ最上級グレード「STI Sport」登場!足回りと内装が特別仕様

【TMS2017】スバルとSTI共同開発のBRZ最上級グレード「STI Sport」登場!足回りと内装が特別仕様10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催されている国内最大の自動車関連展示会「東京モーターショー2017(TMS2017)」ですが、スバルから現在発売中のスポーツカー「BRZ」の最上級グレード「STI Sport」が設定され、本日より発売が開始されたと発表がありました。

BRZ STI Sportは、数々の専用アイテムがインストールされているモデルでもあるにもかかわらず、車両価格は「GT」の約20万円高というお買い得設定になっているようです。

既に試乗インプレッションも出ていますが、レビューはかなり好評のようです。

SUBARU、SUBARU BRZに「STI Sport」を設定

SUBARU BRZ STI Sport は、SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)との共同開発により、SUBARU BRZが持つ走行性能や走りの質感、内外装の質感をこれまでよりも更に高めた最上級グレードとして設定。ドライバーの意のままに動くシャープなハンドリング性能に加え、優れた操縦安定性としなやかな乗り味を両立したほか、高い走行性能に相応しい、洗練された専用内外装を採用することで、SUBARU BRZの魅力を最大限に引き出しました。

足回りは、STIの独自技術で開発したフレキシブルVバーやフレキシブルドロースティフナーフロントに加え、専用の18インチアルミホイールと18インチハイパフォーマンスタイヤを装備。また、STIによる専用チューニングを施したSACHSダンパー(ZF製)(*2)及びコイルスプリングを採用することで、操舵応答性を向上させるとともにロールを抑え、しなやかで安定性の高い走りを実現しました。

エクステリアは、STIオーナメントをあしらった専用フロントバンパーや専用のフェンダーガーニッシュ、艶のあるブラックパーツ等を採用。精悍で高い走行性能を感じさせる、特別なスタイリングとしました。

インテリアは、「STI Sport」専用のテーマカラーであり、上質さとスポーツさを表現した「ボルドー」色でコーディネート。シートには本革やアルカンターラ(*3)といった上質な素材を採用したほか、メーターパネルやメーターバイザー、ステアリングホイール等に専用パーツを採用し、スポーティで特別な空間を演出しました。

なお、特別色のクールグレーカーキのボディを持つ「STI SportクールグレーカーキEdition」を100台限定で生産し、販売予定(抽選販売)です。
参考:subaru.co.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

【悲報】実写映画「鋼の錬金術師」業者を雇って評価★5を錬金しているとの疑惑!怪しい日本語レビュー多過ぎワロタ

あまりに酷い映画で原作ファンは …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.