What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / スバルディーラーに定期点検で預けた「フォレスター」 整備士が鉄骨に突っ込み廃車

スバルディーラーに定期点検で預けた「フォレスター」 整備士が鉄骨に突っ込み廃車

スバルディーラーに定期点検で預けた「フォレスター」 整備士が鉄骨に突っ込み廃車点検で預けて廃車って酷すぎない?

自動車「スバル・フォレスター」を新潟スバルディーラーに定期点検で預けていた所、整備士がブレーキとアクセルを踏み間違えて鉄骨に突っ込み、180万円の修理がかかる事態になってしまったオーナーが事故のドラレコ動画を公開しました。

修理にはフレーム修正が必要なレベルまで破損していて、下取り価格も240万円から120万円に下がるようです。

完全に新潟スバルのミスで、オーナーに過失はないのですが、なぜかオーナーが90万円支払い乗り換えという形になるようです。

アイサイトの踏み間違い防止機能は役に立たないことが、皮肉なことにもディーラーで証明されてしまいました。

こちらの記事もどうぞ

アイサイトについて

Q:アイサイトに踏み間違いを防止する機能はありますか?

A:はい、AT誤発進抑制制御があり、アクセルペダルが急踏みされたとシステムが判断した場合、エンジンの出力を抑え、発進を緩やかにする機能がございます。
参考:subaru.jp

ディーラーで定期点検中の事故


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

新作「メタルギアソリッド」ファンが望む形とは若干違う形で発売決定!E3 2019でお披露目予定

小島監督がコナミ時代に生み出し …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.