池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が控訴せず禁固5年の実刑判決確定!ただし収監されない可能性も

2021年9月17日、 月2日、東京・池袋で飯塚幸三(90)が運転するプリウスが暴走して、母娘がはねられて死亡した事件で過失運転致死傷の罪に問われた裁判で、期限までに被告側も検察も控訴せず、禁固5年の実刑判決が確定しました。

2019年4月19日、池袋で飯塚幸三がプリウスのブレーキとアクセルを踏み間違え暴走させた結果、 母娘が死亡したほか、9人が重軽傷を負いました。

東京地裁裁判所は2021年9月2日に飯塚幸三がブレーキとアクセルを踏み間違えたことを認定し、禁固5年の実刑判決を言い渡しました。

本日実刑判決が確定したことにより、飯塚幸三は今後刑務所に収監されることになりますが、刑事訴訟法では「健康に著しい影響がある場合」と「年齢70年以上であるとき」、検察官の判断で刑の執行を止めることができる「任意的執行停止」という制度があります。

90歳での収監は異例と言われている本件ですが、現時点では刑の執行が停止される可能性も現実的にはありますが、飯塚幸三は裁判にも出廷し、裁判の日程に健康上の理由で影響を与えたこともないため、通常通り禁固刑が執行される可能性が高そうです。

事件から約2年半。ついに刑事的に決着がついた形になります。

改めて亡くなられた母娘のご冥福を祈るとともに、遺族の方々にお悔やみ申し上げます。

これで遺族が納得できたかはわからないけど、前に進む1つのきっかけになっている事を願いたいです。

こちらの記事もオススメです!

池袋暴走事故 被告側も検察も控訴せず 禁錮5年の実刑判決確定

おととし、東京 池袋で車を暴走させ、母親と子どもを死亡させたなどとして、90歳の被告が過失運転致死傷の罪に問われた裁判は、期限までに被告側も検察も控訴せず、禁錮5年の実刑判決が確定しました。

裁判で「運転に過失はなかった」と無罪を主張していた被告が判決にどう対応するかが焦点となっていましたが、期限の16日までに被告側も検察も控訴せず、実刑判決が確定しました。
参考:nhk.or.jp

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

Twitter上の反応

https://twitter.com/YuzukitiE6ro7/status/1438724803851026437
ニューモデル速報 第529弾 続 新型プリウスのすべて

ニューモデル速報 第529弾 続 新型プリウスのすべて

三栄書房
550円(06/30 09:53時点)
発売日: 2016/02/05
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ3621人感染確認!先週比約1.5倍で都は警戒度を「感染が再拡大」に引き上げ

2022年6月30日、東京都内 …

愛知県・豊橋バイパス小松原IC付近で7台が絡む大型トレーラー多重玉突き事故!怪我人は複数か

2022年6月29日 11時1 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.