Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / レパード(F31)「さらば あぶない刑事」劇中車を日産グローバル本社ギャラリーで撮影

レパード(F31)「さらば あぶない刑事」劇中車を日産グローバル本社ギャラリーで撮影

レパード(F31)「さらば あぶない刑事」劇中車を日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーに映画「さらば、あぶない刑事」の劇中で使用されていた懐かしのF31型レパード アルティマが展示されていました。あぶデカと言えばレパードというほど使用頻度が高かった車です。

今年公開された「さらば、あぶない刑事」には懐かしのレパードを始め、現日産のフラッグシップマシン「R35 GT-R」や「R34スカイライン」等、様々な日産車が登場しました。その中でも印象的なレパードとR35GT-Rが劇中使用車展示イベントとして展示されていました。


スポンサーリンク

レパード(F31)「さらば あぶない刑事」劇中車の概要

レパード(F31)「さらば あぶない刑事」劇中車の概要

1986年(昭和61年)にモデルチェンジした2代目レパード(F31型)は、R31型スカイラインと共通のプラットフォームをベースに、2ドアハードトップボディのみで登場。
エンジンはV型6気筒に統一され、初期にはVG20E型・VG20ET型・VG30DE型が搭載されました。
上品な美しさをもつ「プライベートクーペ」がコンセプトでした。F31型は「オーテック・ザガート・ステルビオ」や「ザガート・ガビア」のベース車両や、インフィニティブランド創設初期の「インフィニティM30」としても知られています。
このクルマは、VG30DE型エンジン、電子制御スーパーソニックサスペンション装備の最上級車「アルティマ」グレードで、ボディカラーを含め、1986年放映開始の人気刑事ドラマ「あぶない刑事」シリーズの主人公(大下・鷹山)が乗る劇中車と同じ仕様です。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像(R35 GT-RとF31 レパード)


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

秋限定の黄色いトンネル 日本の四季と日本の名車(BNR34)

 「日本には四季がある」は誤り …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.