カルソニック・ニッサンR89C 日産グローバル本社ギャラリーで撮影

カルソニック・ニッサンR89C 日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにカルソニック・ニッサンR89Cが展示してあったので撮影してきました。

最高出力800psを超えるモンスターマシン!エンジン音を生で聞いてみたいわ。

こちらの記事もどうぞ

カルソニック・ニッサンR89Cの概要

カルソニック・ニッサンR89Cの概要

1989年(平成元年)の日産グループCカーは、英国マーチ・エンジニアリング製のシャシーからローラ・カーズ製へと変わり、エンジンも3500ccのVRH35型(V型8気筒DOHC)を採用し、排気量拡大とともに、最高出力800psを超えるモンスターマシン「ニッサンR89C」へと進化しました。エクステリアがより美しいカウリングとなったほか、本格導入されたテレメトリーシステム(遠隔測定装置)もR89Cの大きな特徴です。R89Cは、ル・マン24時間レース後の第3戦・富士500マイルレースで日本のJSPCデビューを飾り、第5戦・富士1,000kmレースでは24号車YHP(長谷見昌弘/A.オロフソン組)が8位に入り、そのポテンシャルの片鱗を見せました。このクルマは、星野一義/鈴木利男組がドライブした23号車カルソニック・ニッサンR89Cです。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

NISMOがスカイラインGT-R用 アテーサE-TSユニットの修理受付拡大!BCNR33・BNR34用も追加

NISMOがスカイラインGT- …

日産・新型フェアレディZ公開!V6ツインターボ・6MTでオレ達の日産が帰ってきた

「フェアレディZ」。 この言葉 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.