Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / カルソニック・ニッサンR89C 日産グローバル本社ギャラリーで撮影

カルソニック・ニッサンR89C 日産グローバル本社ギャラリーで撮影

カルソニック・ニッサンR89C 日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにカルソニック・ニッサンR89Cが展示してあったので撮影してきました。

最高出力800psを超えるモンスターマシン!エンジン音を生で聞いてみたいわ。


スポンサーリンク

カルソニック・ニッサンR89Cの概要

カルソニック・ニッサンR89Cの概要

1989年(平成元年)の日産グループCカーは、英国マーチ・エンジニアリング製のシャシーからローラ・カーズ製へと変わり、エンジンも3500ccのVRH35型(V型8気筒DOHC)を採用し、排気量拡大とともに、最高出力800psを超えるモンスターマシン「ニッサンR89C」へと進化しました。エクステリアがより美しいカウリングとなったほか、本格導入されたテレメトリーシステム(遠隔測定装置)もR89Cの大きな特徴です。R89Cは、ル・マン24時間レース後の第3戦・富士500マイルレースで日本のJSPCデビューを飾り、第5戦・富士1,000kmレースでは24号車YHP(長谷見昌弘/A.オロフソン組)が8位に入り、そのポテンシャルの片鱗を見せました。このクルマは、星野一義/鈴木利男組がドライブした23号車カルソニック・ニッサンR89Cです。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像


関連記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

高騰中の日産 R34 スカイラインGT-R 事故車の買取価格がヤバい!事故車ってレベルじゃねぇぞ

既に発売終了から15年以上経過 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.