NISMOがR32 スカイラインGT-R(BNR32)用アテーサE-TSユニットの修理を受付開始

NISMOがR32 スカイラインGT-R(BNR32)用アテーサE-TSユニットの修理を受付開始

パーツが単体では供給されておらず、ユニットで交換するしか無かった「E-TS油圧ユニット(アテーサE-TS)」の修理を開始することをNISMOが発表しました。

対象となるのは「R32スカイラインGT-R(BNR32)」用の「E-TS油圧ユニット(トルクスプリットアクチュエーターアッセンブリー)(日産純正部品番号:41610-05U00)」で、修理は取扱店にて車載状態で点検を実施後に、故障が確認された部品のみをNISMOが修理する形になるようです。

修理が完了した場合の脱着工賃等を除いた価格は23万円で、目視点検時に修理不可と判断された場合は1万円、分解後に修理不可と判断された場合は3万円といった価格設定になっています。

E-TS油圧ユニットは現在25万円で販売されているので、なんとも言えない価格設定ですが、旧車をサポートしてくれることはとても嬉しいことです。

アテーサE-TSが故障して困っているユーザは、一度取扱店に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ

スカイラインGT-R(BNR32)用 E-TS油圧ユニット修理 受付開始

本プログラムは、「NISMOヘリテージ」活動のひとつとして、「NISMOヘリテージパーツ」では対応出来ない部品を“修理”する、新たな取り組みです。対象部品は、スカイラインGT-R(BNR32)用E-TS油圧ユニット(日産純正部品番号:41610-05U00)で、取扱店にて車載状態で点検を実施後、故障が確認された部品のみをニスモに送付していただき、ニスモで修理を実施します。
参考:nismo.co.jp

アキュームレータ交換とオイル全量交換で完治

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

走行中にジムニーで軽自動車に突っ込みリアガラス割って大喜び!その後海に連れて行きボコボコに破壊か

公道を走行中の軽自動車(土浦 …

新型コロナ感染拡大で医療崩壊目前のなか11月30日から中国との往来再開!第三波にブーストの可能性

2020年11月27日に、新型 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.