アメリカ・25年ルール適用で合法的に日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)を初めて輸入したのは警官だった

アメリカ・25年ルール適用で合法的に日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)を初めて輸入したのは警官だったアメリカでは国内で販売されていない車種は、輸入してもそのまま公道を走らせることが出来ません。しかし、製造から25年経過した車種についてはクラシックカー扱いになり、安全基準や排ガス検査等を実施しなくても公道を走らせることが出来ます。

これが俗に言う「25年ルール」です。

日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)が2014年にちょうど25年経過して、アメリカでも普通に公道を走ることができる様になったことから、アメリカにいたGT-Rファンが本格的に購入して輸入し始めたため、日本での中古車相場も数百万円上がっています。

既に90年代の国産スポーツカーの中古車相場は上昇していますが、さらに今後90年代のスポーツカーがどんどん値上がりすると言われているのは、この「25年ルール」があるため新たな競争先が増えて相場が上がると見られています。

そんなBNR32を初めて合法的に輸入したのは、なんと警官でした。

日本の車を専門とする自動車輸入業者が、25年ルールが適用されるて解禁となった2014年8月1日の00時01分に、BNR32を国境に引っ張って、1989年に製造されたBNR32を輸入しました。

解禁から1分後に輸入しているならほぼ間違いなく、彼がBNR32を合法的に輸入した1人目のオーナーでしょう。

こちらの記事もオススメです!

アメリカで初めてBNR32を輸入した警官の動画

Officer Matt Talks About his Nissan Skyline GTR in Denver

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.