アメリカ・25年ルール適用で合法的に日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)を初めて輸入したのは警官だった

アメリカ・25年ルール適用で合法的に日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)を初めて輸入したのは警官だったアメリカでは国内で販売されていない車種は、輸入してもそのまま公道を走らせることが出来ません。しかし、製造から25年経過した車種についてはクラシックカー扱いになり、安全基準や排ガス検査等を実施しなくても公道を走らせることが出来ます。

これが俗に言う「25年ルール」です。

日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)が2014年にちょうど25年経過して、アメリカでも普通に公道を走ることができる様になったことから、アメリカにいたGT-Rファンが本格的に購入して輸入し始めたため、日本での中古車相場も数百万円上がっています。

既に90年代の国産スポーツカーの中古車相場は上昇していますが、さらに今後90年代のスポーツカーがどんどん値上がりすると言われているのは、この「25年ルール」があるため新たな競争先が増えて相場が上がると見られています。

そんなBNR32を初めて合法的に輸入したのは、なんと警官でした。

日本の車を専門とする自動車輸入業者が、25年ルールが適用されるて解禁となった2014年8月1日の00時01分に、BNR32を国境に引っ張って、1989年に製造されたBNR32を輸入しました。

解禁から1分後に輸入しているならほぼ間違いなく、彼がBNR32を合法的に輸入した1人目のオーナーでしょう。

アメリカで初めてBNR32を輸入した警官の動画


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

メタルギアソリッドがPS5とPCでフルリメイク決定情報がリーク

小島秀夫監督が手がける名作ステ …

元TOKIO・山口達也容疑者の飲酒運転事故映像が公開!ヤバすぎる蛇行で非番警官の車に追突

2020年が9月22日に、ジャ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.