Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / R33 NISMO GT-R LM 95年ル・マン24H出場車 日産名車再生クラブ10周年記念展示

R33 NISMO GT-R LM 95年ル・マン24H出場車 日産名車再生クラブ10周年記念展示

R33 NISMO GT-R LM 95年ル・マン24H出場車 日産名車再生クラブ10周年記念展示横浜と言えば日産の本社があります。

同じ場所に日産グローバル本社ギャラリーという日産のショールームがあります。
SGTのパブリックビューイングを行ったり、新型車から最新の日産車、日産の名車などが展示されています。

日産ファンにとってはなかなか面白い場所になっています。

今回は12月14日から2月中旬まで予定されている
日産名車再生クラブ10周年を記念した車両展示が開催されていたので撮影してきました。


スポンサーリンク

NISMO GT-R LM ’95年ル・マン 24時間レース 出場車

NISMO GT-R LM ’95年ル・マン 24時間レース 出場車

1995年(平成7年)にニスモチームがル・マン24時間レースに参戦したマシンで、スカイラインGT-R(BCNR33型)をベースにしたGTカー「NISMO GT-R LM」です。市販のスカイラインGT-RはアテーサE-TSを搭載した4WDの駆動方式ですが、NISMO GT-R LM は重量的に有利な2WD(駆動方式:FR)に改造されているのが特徴です。22号車と23号車の2台がエントリーし、22号車(福山英朗/粕谷俊二/近藤真彦組)が総合10位・クラス5位となりました。搭載のRB26DETTエンジンは、22号車はN1仕様に近い450馬力、23号車はN1仕様を200馬力程度上回る650馬力以上の最高出力を誇りました。
参考:nissan-heritage-collection.com

グランツーリスモのレーシングモディファイで出てきそうな車です。
何故GTはレーシングモディファイを無くしてしまったのか…
あれは好きだったのにな…

話が脱線してしまいましたが、日産名車再生クラブは日産の名車を当時の姿でよみがえらせる活動をしています。
その活動の一環で今年はR33のNISMO GT-R LMが復活しました。

凄く良い活動ですよね。自社の歴史を作ってきた名車を動く形で保存するって凄い技術だよね。
昔は赤レンガで「NISSAN MOTORSPORTS EXHIBITION」というイベントがあったんだけど
SGT参戦した当時の車でレブまでエンジン回してたからね。

色んな技術者達の愛で生き続けているんだなと実感したよ。

撮影画像

ニッサン 240RS 1983年 モンテカルロラリー仕様

ニッサン 240RS 1983年 モンテカルロラリー仕様

1979年(昭和54年)に登場の3代目シルビア(S110型)は、姉妹車として誕生したガゼールも含め、スポーツ&スペシャリティを志向したクルマですが、同時にスーパーシルエットレースやWRC(World Rally Championship:世界ラリー選手権)など、モータースポーツに縁の深いモデルでもありました。この240RSは、WRCへの参戦をにらんで、当時のグループB規定に基づく競技用車両としてS110型シルビアをベースに開発され、グループBの最低生産台数である200台あまりが生産されました。海外での販売を念頭においたため、大半が左ハンドル仕様でした。搭載されるFJ24型2,340ccの自然吸気エンジンは、50Φソレックスキャブレター×2基を装着した仕様で240馬力、ワークスカーのFJ24改に至っては275馬力に達しました。優勝こそなかったものの、1983年ニュージーランドラリーで2位、1985年サファリラリーでは3位などの戦績を残しています。このクルマは、240RSのデビュー戦1983年モンテカルロラリーのため、追浜特殊車両実験が今まさに送り出そうという仕様に合わせ、2006年に日産名車再生クラブが初めてレストアしたマシンです。
参考:nissan-heritage-collection.com

83年の車がこの良好な保存状態を保たれているって凄いよね。
もう32年前の車だぜ?

きっとこの車もいつでも走る準備が出来ている状態の整備状況なんだろうね。
素晴らしすぎる!

日本も自動車産業は世界に誇れるんだから
古い車に課税ばっかりしてないで欧州みたいにクラシックカー減税みたいのやれば良いのに。

撮影画像

R35 GT-R Premium edition

R35 GT-R Premium edition
この車に関しては現行車なので珍しくはありませんが
ちゃんとシート合わせて座ったこと無かったので座ってみました。

やっぱり、インパネ周りが今っぽいよね。
メーターも格好いいし。

ゆったり座ってられるポジションじゃ無く
いつでも攻められるシートポジションにして気が付いたことがあります。

後部座席座らせる気ねーだろww

R35 GT-R Premium edition攻められるポジションだからかなり前にシート出してるのに後部座席とのスペースがグー1個分か1.5個分ぐらいってww
普通にゆったり座ってたら後部座席は子供でも厳しいねw

まぁ、そういう車じゃないから良いんだろうけどw

日産グローバル本社ギャラリーはしょっちゅうイベントやってるし
時々面白い車が展示されてたりするから是非一度行ってみると良いかも。

1月13日からは「さらば あぶない刑事」に登場するR35を含む劇中車展示イベントが行われます。
コレはあぶデカ好きならば要チェックだね!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

GTAオンライン 25万ドルが貰えるハロウィンスペシャル開始!新乗り物やモードも登場

本日2016年10月28日から …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.