Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / ジューク NISMO RS(F15)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

ジューク NISMO RS(F15)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

ジューク NISMO RS(F15)日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにNISMOが現在販売しているロードカー3台が展示されています。その中の1台「ジューク NISMO RS(F15)」を撮影した画像をご紹介していきます。

その他のNISMO仕様展示車
ノート NISMO S(E12)日産グローバル本社ギャラリーで撮影
フェアレディZ NISMO(370Z)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

日産JUKEは始めて画像を見たときから顔がイノシシにしか見えなくなってしまいました。なんか、もののけ姫のおっことぬしのイメージです。そんなJUKEもR35 GT-Rのエンジンを搭載したJUKE-Rなる凄いマシンが登場したりと、とても楽しそうな1台です。まだ乗ったこと無いので1度乗ってみたいです。


スポンサーリンク

ジューク NISMO RSの概要

ジューク
NISMO RSの概要

2014年11月に発表された「NISMO RS」では、「16GT FOUR」をベースに、エンジンはベース車と同じMR16DDT型ながら、ECUのセッティングをさらに改良し、コンロッドベアリングの耐久性を高めることで高回転域でも力強いトルクの持続を可能にする専用チューンを施すことで最高出力を24PS(17kW)、最大トルクを1.0kgf・m(10N・m)向上。
エクストロニックCVTは8速マニュアルモード付(エクストロニックCVT-M8)とし、パドルシフトも採用した。
ブレーキシステムはフロントブレーキローター径を拡大し、リアにベンチレーティッドディスクを採用するとともに、キャリパー性能やブレーキパッドの耐フェード性なども向上することでスポーツドライビング時の高レベルな制動フィーリングを実現。
アルミホイールは「NISMO」同様、18インチにサイズアップしながら、形状最適化によって軽量化された専用品の採用によりばね下重量を軽減した。
また、サスペンション、「ALL MODE 4X4-i」のトルクベクトル機能、車速感応式電動パワーステアリングもエンジンの高出力化に合わせてチューニングを施した。
シートはRECAROとの共同開発により、NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用した。
参考:ja.wikipedia.org

撮影画像


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

日産 R34 GT-R(BNR34)にオレが一目惚れした所から付き合った所まで

初めてGT-Rに出会ったのはR …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.