ホーム / ニュース / 事件・事故 / 奄美大島沖で大規模な石油流出事故!近年最悪の事故で日本に「ビッグシェル」を極秘建造か

奄美大島沖で大規模な石油流出事故!近年最悪の事故で日本に「ビッグシェル」を極秘建造か

奄美大島沖で大規模な石油流出事故!近年最悪の事故で日本に漂流で「ビッグシェル」を極秘建造か1月14日に原油を積んだタンカーが、奄美大島の西300Kmで沈没して、ここ数十年で過去最悪の大規模な原油流出が広がっているようです。

トップ画像はイギリスの国立海洋研究所が発表した「3ヶ月以内の汚染シミュレーション」で、流出した石油が黒潮に乗って1ヶ月以内に日本沿岸に到着するとの予想を立てています。

他にも海外メディアやSNSで日本に大きな影響を与えて、今後非常に深刻な事態になると伝えているところがある一方で、日本のメディアはこの事件に関して沈黙状態です。

日本のメディアが報道せずに、海外が報道すると「日本のメディアが隠したくなるほど深刻な事態の事件なんだ」と勘違いしてしまうのも無理はありません。

Twitterでも、重大な事故だと考える人が多くいるようで、不安の声が上がっています。

しかし、実際の所いったいこの事件は深刻な問題なのか考察したニュースがあったので紹介していきます。

奄美大島沖で大規模な石油流出事故 海洋生態系への影響は?

この事故については、全国紙ではほとんど情報がありません。私が調べた範囲では、毎日新聞の18日の記事を最後に、全国紙はどこも取り上げていないようです。国内での確かなソースの情報がないことから、ネットで危機を訴える情報が拡散するという、原発事故後と同じ構図になっています。では、実際のところどうなのでしょうか。

現時点での科学的な知見を整理するのに、学術雑誌ネイチャーのこちらの記事が参考になります。

Unique Oil Spill in East China Sea Frustrates Scientists

結論から言うと、不確実性が大きく、事故の影響は良くわからない部分が多い。でも、長期的・大規模な影響についてはあまり心配無さそうです。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitterに広がる不安の声

タンカー沈没事件で大量の原油流出といえば「ビッグシェル」

タンカー沈没事件で大量の原油流出といえば「ビッグシェル」「俺達は新型メタルギアが極秘裏に輸送されるという情報をつかんだ。今思えば疑うべきだった…」

タンカー沈没事件で真っ先に誰しもが思いつくのが「マンハッタン沖タンカー沈没事件」です。

海を除染するための施設として海上プラント「ビッグシェル」が建造されたのは記憶に新しいと思います。

しかし、ビッグシェルは海上除染施設ではなく、多くの陰謀の元に仕組まれ誕生した偽装施設でした。

日本でも全く報道しないと言うことは、やはり愛k…らりるれろ!らりるれろ!!らりるれろ!!!

コチラ BIG BOSS…ミギ ハシノ トラックへ ハイレ。…OVER

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

セブン‐イレブンの生ビールサーバー「非常に反響があり、販売体制等の関係で中止」

マジかよ。当初想定してたよりも …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.