Uber(ウーバー)自動運転車が歩行者をはねて死亡させた事故のドラレコ映像を公開 運転手はよそ見

Uber(ウーバー)自動運転車が歩行者をはねて死亡させた事故のドラレコ映像を公開 運転手はよそ見映像と実際の視界があまり変わらないなら、神以外避けられない。

Uberが開発を進めていた自動運転車が、道路を横断している歩行者をはねて死亡させてしまった事故の前側と車内側2つの車載カメラ映像を警察が公開しました。

車両前方を撮影しているカメラの映像を見ると、突然横断歩道が設置されていない道路の真ん中に人と自転車が現れます。そのまま減速する時間も無く、そのまま突っ込んでしまっています。

次に車内の万が一の時に備えて運転席に座っている運転手の映像ですが、運転手はどこか前ではない違うところを見ている様です。スマホを触っているのかはわかりませんが、運転以外の事に視線が持って行かれていることはわかります。

自動運転に慣れてしまって、前方以外の所を繰り返し見ている様にも感じます。

衝突する瞬間に驚きの表情を浮かべる映像で終わっています。驚いたときには前方の人を認識できたのでしょう。

個人的には人間が運転していたところでこの状況は避けられない気がしますが、ハイビームで前方の視界がもう少し遠くまであれば、少しは減速できたかもしれません。

また、運転手が前方を見ていれば少しは認識する時間が早かったかもしれません。

Uberはこの事故を受けて現在自動運転車の開発を中断しています。

事故の瞬間を写したドライブレコーダーの動画


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

水素水に続きまさかの「水素マスク」が登場!ヒアルロン酸も塗布で全てを解決か

アンチエイジングなど、美容や健 …

東京五輪延期による追加費用とは別にコロナ対策で1000億円!追加合計3000億円で当初の開催予算と同等に

2021年夏に延期された東京五 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.