ZEXEL スカイライン GT-R No25(BNR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

ZEXEL スカイライン GT-R No25(BNR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにZEXEL スカイライン GT-R No25(BNR32)が展示してあったので撮影してきました。

第2世代スカイラインが誕生し、BNRシリーズの圧倒的強さをブランディングした始まりはR32だから、いつになっても色あせない雰囲気を醸し出しています。

こちらの記事もどうぞ

ZEXEL スカイライン GT-R No25(BNR32)の概要

ZEXEL スカイライン GT-R No25(BNR32)の概要

直列6気筒のRB26DETTエンジンや電子制御式トルクスプリット4WD「アテーサE-TS」の搭載など、長いスカイラインの歴史の中でも屈指の人気を誇ったR32型スカイラインGT-Rは、国内のグループAカテゴリーで、全29戦29勝29ポールポジションを果たすなど、日本のモータースポーツシーンに輝かしい足跡を残しました。その活躍は日本にとどまらず、1990年(平成2年)から92年まで、世界三大24時間レースであるスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦しました。1991年(平成3年)には、この25号車を駆る服部尚貴/アンデルス・オロフソン/デイビッド・ブラバム組が最高速、最長走行距離のレコードを記録し、2位(ポルシェ911)を20周以上も引き離して総合優勝を果たしました。また、グループNカテゴリー(より市販車に近い仕様)においても、木下隆之/キース・オドール/ディアク・ショイスマン組がクラス優勝(総合6位)を果たしました。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

日産・新型フェアレディZ公開!V6ツインターボ・6MTでオレ達の日産が帰ってきた

「フェアレディZ」。 この言葉 …

「ニスモフェスティバル2020」開催見送り決定!新型コロナの影響を受け

日産とNISMOが2020年1 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.