大雨などで車が浸水・冠水したら水が引いても使用禁止!感電や火災発生の恐れ 水没車の対処方法

大雨などで車が浸水・冠水したら水が引いても使用禁止!感電や火災発生の恐れ 水没車の対処方法

水害が収まって水が引いても、大雨に使った車は使用しないで!

現在西日本の広い範囲で記録的な大雨が続いて、各地で土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ甚大な被害がでました。

大雨で駐車場に止めていた車が見ずに浸かってしまっている画像なども、Twitterに投稿されています。

そんな中、国土交通省が「大雨で使ったクルマ、水が引いても使用しないで」と注意を呼びかけています。

見た目に問題がなさそうでも、車に積んでいるバッテリーや電気系統がショートして感電事故・車両火災が発生する恐れがあるためです。

特に最近はプリウス等のハイブリッド車や電気自動車といった、高電圧のバッテリーを搭載した車の利用者が増えているので、車の持ち主だけでなく周りの人も水没した車にはむやみに触らないようにしましょう。

国土交通省やJAF(日本自動車連盟)は車が水没・冠水・浸水した場合の対処方法を紹介しています。

こちらの記事もオススメです!

車が水没してしまった場合の対処方法

  1. 自分でエンジンをかけない
  2. 使用したい場合には、お買い求めの販売店もしくは、最寄りの整備工場にご相談下さい。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい。
  3. なお、使用するまでの間、発火するおそれがありますので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外して下さい

※外したターミナルがバッテリーと接触しないような措置(テープなどで覆う)をして下さい。

Yahoo!プレミアム会員特典
最大50%OFFクーポンなど大量

オンラインクレーンゲーム無料券が週1配布

Yahoo! プレミアム特典詳細

獲得した景品はご自宅まで配送無料

雑誌も110誌以上読み放題

スマホを大手キャリアの半額以下に
月額費用が高いと感じる方にオススメ

月額190円から維持可能な格安SIM

b-mobile オンラインショップ

解約金も最低利用期間もなし

ドコモ・ソフバンのネットワーク選択可能

JAMA(日本自動車工業会)の浸水・冠水車に対する注意動画

浸水・冠水思わぬ災難。車両火災のおそれあり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.