What's New
ホーム / 乗り物 / 自動車 / 車のボディーカラー「レッド」は違法だった!使用禁止の車体色は何色?

車のボディーカラー「レッド」は違法だった!使用禁止の車体色は何色?

車のボディーカラー「レッド」は違反だった!使用禁止の車体色は何色?まさか車の色に「赤」が使用できなかったなんて、知りませんでした。

日本で車を走らせる上で、使ってはいけないボディカラーがあったことを皆さんはご存じですか?

私は全く知りませんでした。

マジョーラだって、クロームだって、痛車だって、パンダカラーのパトカーレプリカだって、現在では利用者の自由に色を塗ったり、ラッピングすることが可能ですよね。

ただ、~県警や警視庁等の文字を入れることや、公序良俗に反する文字や画像を入れることは禁止されています。

今回は現在日本で使用禁止とされている、ボディカラーについて調べてみました。

こちらの記事もどうぞ

ボディカラーを「レッド」にすることが出来ない理由は?

ホンダのNSXやS2000等、特に「レッド」がブランドカラーというかイメージカラーになっていますが、実は以前は禁止されていた色なんです。

レッドが禁止されていた理由は「緊急車両の消防車と見間違える可能性があるから」とのこと。

そして、乗用車にレッドを塗装することが許可されるようになったのは、ホンダの創業者・本田宗一郎氏がホンダのイメージカラーを赤にしたくて国土交通省(当時は運輸省)と交渉したことによって実現したようです。

ホンダがイメージカラーをレッドにしていなければ、誰も交渉しなくてもしかしたら、現代でも赤は禁止されていたかもしれません。

赤が好きなユーザにとっては、本田宗一郎氏様々ですね。

現在日本で使用禁止の車体色はあるのか?

以前禁止されていた「レッド」が使えるようになったため、現在使用禁止の車体色は存在しません

あんまり聞いたこと無いですよね?

使用できない車体色って。

でも、レッドが使用できなかったら真っ赤なフェラーリは日本で見ることは出来なかったんだろうね。

いや、ホンダが言わなくてもフェラーリに文句付けられて、基準変更されてそう…

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

2018-2019年度年末年始期間の高速渋滞予測!最大40kmの渋滞が発生する見込み

年末年始にかけて、全国で渋滞が …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.