ホーム / ニュース / 事件・事故 / 東北自動車道でフェラーリ・360モデナとF50がレースバトルしてスピン後に大クラッシュの事故

東北自動車道でフェラーリ・360モデナとF50がレースバトルしてスピン後に大クラッシュの事故

東北自動車道でフェラーリ・360モデナとF50がレースバトルしてスピン後に大クラッシュの事故新年早々レース中の大クラッシュか。

2019年1月2日9時頃に、東北自動車道下り・蓮田サービスエリア付近で、レースバトル中と思われるほどの、ものすごいスピードで暴走していたスーパーカー「フェラーリ・360モデナ」と「フェラーリ・F50」ですが、F50の無謀な車線変更による接触事故を避けた結果、360モデナが単独クラッシュするという事故が発生しました。

クラッシュした360モデナは、中央分離帯に衝突して、道路をふさぐ形で停車してしまい、この事故の影響で約12キロの渋滞が発生しました。

※追記
F50の男性が逮捕されました。

  1. 東北自動車道で別のフェラーリを事故らせたフェラーリ・F50に乗っていた会社役員男性を逮捕

こちらの記事もどうぞ

事故の瞬間をとらえたドラレコ映像

事故の原因とみられるF50


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

闘病の末14歳で亡くなった少年の最後の願いは「スポーツカーで葬送」 2200台以上集まり町を封鎖して大進行

1週間前に闘病の末がんで亡くな …

コメントを残す