ホーム / ニュース / 事件・事故 / 池袋プリウス暴走事故の加害者・飯塚幸三が退院後も逮捕されず任意の事情聴取のみと判明し炎上

池袋プリウス暴走事故の加害者・飯塚幸三が退院後も逮捕されず任意の事情聴取のみと判明し炎上

池袋プリウス暴走事故の加害者・飯塚幸三が退院後も逮捕されず任意の事情聴取のみと判明し炎上プリウスミサイルの飯塚幸三さんが圧倒的な上位カースト力を見せつける!

東京都豊島区東池袋で、87歳高齢者男性が運転する「トヨタ・プリウス」が自転車に乗る親子などを次々とはねた後、ゴミ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々と巻き込んだ事故で、3歳の女の子と31歳の母親が死亡した池袋プリウス暴走事故で逮捕されないことから「上級国民」と話題になった、加害者でプリウスの運転手・飯塚幸三さん。

加害者の飯塚幸三さんは軽傷でしたが入院したため、警察は退院するまで逮捕することができず、マスコミも逮捕されていない人を容疑者と呼ぶことはできなかったため、「さん」付けしていると推測されていましたが、その推測は外れてしまったようです。

2人を殺して、8人の重軽傷者を出した飯塚幸三さんですが、警視庁は「退院後も逮捕せずに、任意で事情を聞く方針」と報道がされたようです。

任意でということは当然警視庁がお願いして事情を聞く立場になるわけで、飯塚幸三さんは事情聴取を拒否することが可能です。

連日「上級国民」「プリウスミサイル」等のワードがネット上では発言されていて、ついに一般人にまでこれらのワードが広がってしまっているようです。

圧倒的な上級国民力を見せつけ、国民のカーストの存在を知らしめてしまった飯塚幸三さんですが、今後一体どのような結末になるのか予測もできません。

私が殺されてしまった母子2人の夫だったらと考えると、正直加害者が生きていることを許すことができない気持ちになります。

改めて無くなってしまった2人にはご冥福をお祈りいたします。

池袋プリウス暴走事故で上級国民と話題の飯塚幸三が直ちに息子に電話したのは「証拠隠滅」のためか

池袋で87歳男性がトヨタ・プリウスで信号無視して歩行者をはねる!アクセル全開で歩行者10人に特攻する!母子2人が死亡

こちらの記事もどうぞ

飯塚幸三さんが逮捕されずに「さん」付けされる理由

退院後も逮捕されずに任意の事情聴取の方針

警視庁の対応に炎上する


図解入門 最新 ミサイルがよ~くわかる本

図解入門 最新 ミサイルがよ~くわかる本

井上孝司
2,200円(10/19 16:51時点)
発売日: 2017/09/15
Amazonの情報を掲載しています

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

愛知県でいきなり軽自動車を襲いフロントガラスをボコボコに割った通り魔事件の男を逮捕

2019年10月16日13時頃 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.