ホーム / ニュース / 事件・事故 / 池袋プリウス暴走事故で上級国民と話題の飯塚幸三が直ちに息子に電話したのは「証拠隠滅」のためか

池袋プリウス暴走事故で上級国民と話題の飯塚幸三が直ちに息子に電話したのは「証拠隠滅」のためか

池袋プリウス暴走事故で上級国民と話題の飯塚幸三が直ちに息子に電話したのは「証拠隠滅」のためか東京都豊島区東池袋で、87歳高齢者男性が運転する「トヨタ・プリウス」が自転車に乗る親子などを次々とはねた後、ゴミ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々と巻き込んだ事故で、3歳の女の子と31歳の母親が死亡した池袋プリウス暴走事故で逮捕されないことから「上級国民」と話題になった、プリウスの運転手・飯塚幸三さん。

飯塚幸三さんは元官僚で元クボタ副社長だったことが判明し、警察が逮捕しないことやマスコミ各社が忖度していることから「上級国民」だと話題になりました。

彼は事故の直後に息子に電話して「アクセルが戻らなくなって、人をたくさんはねた」と話していたことが報道されていますが、その電話の目的は証拠隠滅のためにしたのではないかと話題になっています。

8人を重軽傷にして、2人を殺しているプリウスの運転手・飯塚幸三さんですが、警察は任意で捜査を行い逮捕はしていません。

一方で、神戸バス事故で6人を重軽傷にして、2人を殺しているバスの運転手は現行犯逮捕されました。

業務上の事故と個人の事故では扱いが異なることはわかりますが、任意で捜査している間にいろいろな証拠隠滅の恐れは本当にないのでしょうか。

市営バスが横断歩道に突っ込み8人が死傷した神戸バス事故のドラレコ映像が公開される

池袋プリウス暴走事故の加害者・飯塚幸三が退院後も逮捕されず任意の事情聴取のみと判明し炎上

池袋で87歳男性がトヨタ・プリウスで信号無視して歩行者をはねる!アクセル全開で歩行者10人に特攻する!母子2人が死亡

こちらの記事もどうぞ

車に不具合見つからず=87歳男性、運転ミスか-母子死亡の暴走事故・警視庁

警視庁によると、乗用車を運転していたのは東京都板橋区の無職飯塚幸三さん(87)。事故の直後、息子に電話をかけ、「アクセルが戻らなくなり、人をひいた」などと説明していた。
参考:jiji.com

Twitter上の反応


官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態 (朝日新書)

官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態 (朝日新書)

佐藤 優
発売日: 2018/11/13
Amazonの情報を掲載しています

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

闘病の末14歳で亡くなった少年の最後の願いは「スポーツカーで葬送」 2200台以上集まり町を封鎖して大進行

1週間前に闘病の末がんで亡くな …

コメントを残す