IOCバッハ会長が東京五輪開催の為に日本人を生け贄へ「五輪実現の為には誰もが犠牲を払う必要がある」

2021年5月22日に、IOCのバッハ会長は東京五輪が予定通り開催されると宣言しましたが、開催実現のために日本人を生け贄にする考えをコメントして大炎上しています。

バッハ会長は「五輪の夢を実現するためには誰もが多少の犠牲を払わないといけない(We have to make some sacrifices to make this possible. The athletes definitely can make their Olympic dreams come true)」とコメントしていて、大炎上しています。

安心安全の東京五輪はいったいどこへいってしまったのでしょうか。

日本人を犠牲にして開催を強行するという姿勢に対して、日本だけではなく世界でも理解を得ることは難しそうです。

「最後のカウントダウンが始まった」とかフラグ立てすぎだろ…

こちらの記事もどうぞ

バッハ会長も五輪予定通り開催強調「最後のカウントダウン」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は22日、国際ホッケー連盟のオンライン総会での声明で、7月23日に開幕する東京五輪について、予定通り開催されると宣言した。「東京がようやく間近に迫った今、最後のカウントダウンが始まった。この困難な時期に、私たちはリカバリー、団結、多様性について、強いメッセージを送る必要があります。東京はトンネルの終わりに光を放つだろう」と主張し、「五輪の夢を実現するために誰もがいくらかの犠牲を払わないといけない。アスリートは間違いなく彼らの五輪の夢を実現することができます」と、語った。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

マークXの運転手の「あおり運転被害動画」がトラックにあおり運転しかけた動画で炎上

Youtubeで、トラックにあ …

インド型がさらに変異「デルタプラス」感染やワクチンによる免疫も効果なし

インド保健省が、インド型(デル …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.