IOC・バッハ会長が五輪開催3日前に衝撃の事実を発表!「実は元々開催するのはヤバいと思ってたが言えなかった」

2021年7月20日、IOC・バッハ会長が東京で開催されたIOC総会の冒頭の演説で、東京五輪開催に懸念を持っていたことを明らかにしました。

バッハ会長は「延期を決めてから15カ月間、非常に不確実な理由で日々の決定を下さなければならなかった。私も未来がどうなるか分からなかった」と述べ、「我々の疑念はその通りになっていたかもしれない。五輪はバラバラになっていた可能性がある。だからこそ、我々の胸の内に疑念をとどめなければならなかった」と、東京五輪に対して懸念を持っていたが、開催ができなくなる可能性があったため懸念を胸の内にとどめていたことを明らかにしました。

まさかの開催3日前に、前から東京五輪の開催に懸念を持っていたと言い出すバッハ会長ですが、開催に対する意見の急転回は東京五輪を損切りする姿勢を見せ始めたということなのでしょうか。

それとも、東京五輪で感染爆発が発生したときに備えての発言なのかわかりませんが、あまりにも無責任な発言で世界中からのバッシングが強くなる可能性は高そうです。

開催直前にこのふざけた発言は流石に舐めすぎだろ…

こちらの記事もオススメです!

バッハ氏、五輪開催の疑念「胸にとどめた」 総会で演説

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は20日、東京で開かれたIOC総会の冒頭で演説し、東京オリンピック(五輪)の開催に疑念を持っていたことを初めて明らかにした。

バッハ会長は「延期を決めてから15カ月間、非常に不確実な理由で日々の決定を下さなければならなかった。私も未来がどうなるか分からなかった」と述べたうえで、「どんな犠牲を払っても前進すると解釈もされた。しかし、(もし発言すれば)我々の疑念はその通りになっていたかもしれない。五輪はバラバラになっていた可能性がある。だからこそ、我々の胸の内に疑念をとどめなければならなかった」と明かした。
参考:news.yahoo.co.jp

会員登録不要で即プレイ!
美少女を合体させて強化

美少女ミリ萌系 人気ブラウザゲーム

ビビッドアーミー

陸・空・海を制覇せよ!

強化合体ループに興奮度MAX

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

最初の3ヶ月プラン料金無料

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

飲食店の営業時短要請 11月に全面解除へ!海外からの入国者への水際対策も緩和の方向

2021年10月17日、山際大 …

立憲民主党がDQN過ぎる駐車をして炎上!とんでもない駐車をしていた報告が相次ぐ

立憲民主党の選挙カーと見られる …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.