What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / 駐車中の希少車「フォード モデルA」に「トヨタ カローラ」が突っ込んで破壊!その後ドライバーはカローラを捨てて逃走

駐車中の希少車「フォード モデルA」に「トヨタ カローラ」が突っ込んで破壊!その後ドライバーはカローラを捨てて逃走

駐車中の希少車「フォード モデルA」に「トヨタ カローラ」が突っ込んで破壊!その後ドライバーはカローラを捨てて逃走トヨタ博物館に展示されてるクルマにトヨタ車が突っ込むとは…

アメリカ・カルフォルニア州オレンジで、トヨタ博物館に展示されるほど貴重な1931年型「フォード モデルA」「トヨタ カローラ」突っ込み破壊しました。

このモデルAは、オーナーが16歳の誕生日に購入してから、ずっと大切にしてきたもので、2年前に半年かけてフルレストアを完了していた新品同様の車体のようです。

事故は路駐していた「フォード モデルA」に、「トヨタ カローラ」のドライバーが車線を不注意でそれ、リアに衝突してきたようです。

その後、カローラのドライバーは事故を起こした後に、クルマを乗り捨てて徒歩で逃走しましたが、約20分後に捕まったようです。

日本の感覚だと路駐していた方も悪いって思うだろうけど、基本的にアメリカでは車買う時に車庫証明がいらなくて、住宅地では一般的には自由に路駐できます。州にもよると思うけど。

日本だと駐車禁止の標識立ってないところはほとんど無いし、あったとしても、道幅狭くて路駐しちゃうと3.5m確保できない道が多いから、路駐はダメってイメージだから路駐事情は全然違うよね。

こないだのケンメリもそうだけど、旧車・希少車乗りは公道で走って無くても潰されるって言うね…

運転手が乗ってないときだから、本人はどうしようも出来ないのが辛いだろうな…
参考:motor1.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

「エースコンバット7」発売日が決定!戦争の動向が描かれた最新トレイラーも公開

エースコンバットの発売日がつい …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.