Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / フェアレディZ NISMO(370Z)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

フェアレディZ NISMO(370Z)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

フェアレディZ NISMO(370Z)日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにNISMOが現在販売しているロードカー3台が展示されています。その中の1台「フェアレディZ NISMO(370Z)」を撮影した画像をご紹介していきます。

その他のNISMO仕様展示車
ノート NISMO S(E12)日産グローバル本社ギャラリーで撮影
ジューク NISMO RS(F15)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

370Zといえば、先日警視庁が納入完了したパトカーで話題になりましたが、こちらがパトカー装備を付けられる前のオリジナルの370Z NISMOです。

実際に乗る事が可能な展示車両なので乗ってみましたが、レカロとNISMOで共同開発したNISMOデザインのシートがホールド性も良くて凄い良かったです。内装もレーシーな感じで乗り手をやる気にさせる雰囲気を醸し出しています。機会があったら是非乗り込んで欲しいマシンです。


スポンサーリンク

フェアレディZ NISMOの概要

フェアレディZ NISMOの概要

2009年6月に追加された「Version NISMO」は、エンジンに専用チューンが施され、標準車の336PSから355PSまで最高出力が向上されており、専用の補強パーツなどを装備し、剛性の向上と振動の減衰を両立した。
また、サスペンションにチューニングが施され、専用のヤマハ製パフォーマンスダンパーが装備され、パワーステアリングの特性が変更されたことにより、よりスポーティなハンドリングとなった。
そして、専用前後バンパー、サイドシルプロテクター、リアスポイラーなどを装備してCd値は0.30のまま、効果的なダウンフォースの獲得と空気抵抗の低減を両立し、世界トップレベルの空力性能を実現した。
トランスミッションは標準仕様やVersion STと同様、7速ATと6速MTどちらも選択可。タイヤは「Version S」および「Version ST」と共通だが、ホイールのデザインはNISMOロゴ入りの専用のものとなっている。
参考:ja.wikipedia.org

撮影画像


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

秋限定の黄色いトンネル 日本の四季と日本の名車(BNR34)

 「日本には四季がある」は誤り …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.