世界トップクラスの自動車税をさらに増税か!政府が走行距離課税導入を検討

日本では、アメリカの31倍とも言われている世界トップクラスの非常に重たい自動車税となっていますが、政府はさらに自動車税を重くする検討しています。

政府の税制調査会が2022年10月26日の総会で、自動車税制の見直しに着手し、ガソリン税の減収が続いているため道路の維持費をまかなう代替財源の確保に向けて、走行距離に応じた課税などを検討していたことが明らかになりました。

EVはガソリンを利用しないためガソリン税が徴収できないことや、ガソリン車の燃費性能の向上などでガソリン税の減収が続いているため、減収した分の代替財源を確保するために「走行距離課税」の導入を検討しているようです。

日本では既にガソリンに対して多くの税金がかかっていて問題視されていますが、ガソリンは走行距離に応じて消費するため、走行距離課税は既に行われています。

現在かかっている全ての自動車関係の税が廃止され、代わりに走行距離で課税するのであれば抜本的な自動車の税見直しだと理解が得られそうですが、現状の自動車関係の税に追加して走行距離課税を導入するのであれば非常に重たい増税になりそうです。

世界トップクラスの重い自動車税が課されている日本ですが、今後世界にさらに差を付けることになるのでしょうか。

自動車税を減税しろって散々ユーザが訴えてるのに、増税って意味がわからん。

こちらの記事もオススメです!

車税制、EV時代へ見直し 走行距離課税導入を議論

政府の税制調査会(首相の諮問機関)は26日の総会で、電気自動車(EV)の本格普及を見据えた自動車税制の見直しに着手した。燃費性能の向上などでガソリン税の減収が続く。道路の維持費を賄う代替財源の確保に向け、走行距離に応じた課税などを検討する。

参考:nikkei.com

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

高齢者運転の軽バンが子乗せ自転車を引き飛ばす事故!高齢男性「何やねん!あんた関係ないやろが」

高齢男性が運転する軽バンが、右 …

大阪で緊急走行中のパトカーがド派手に軽自動車に突っ込む事故

大阪府守口市で、緊急走行中のパ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.